水野修氏

今は亡き水野修氏健在時に多々レクチャー(御教授)して貰った。

我が子達にも教えてないよという場所が多々。(これ暇人、お前は気に入った、此からは云々)(我が父の同級生の徳之島の歴史の先生に聞く前から水野修氏に指南要請、当初は断られつつ、子供の同級生という強みを存分に生かし)

徳之島の歴史の研究に日々勤しんでる方だった!!

 

3 thoughts on “水野修氏

  1. 修さんとはになります。亡くなったことは島へ帰った時に知った。暇人さんがレクチャーを受けてるとは奇遇だね。

  2. 再度(不足分あり)修さんとは従兄になります。亡くなったことは島へ帰った時に知った。暇人さんがレクチャーを受けてるとは奇遇だね。

Comments are closed.